繁忙期を避ければ安上がり|荷物が少ない引越しは単身赴任者向けのプランを選ぼう

荷物が少ない引越しは単身赴任者向けのプランを選ぼう

男性

繁忙期を避ければ安上がり

トラック

新年度前は値段が高い

1年で一番引っ越しの多い時期は2月から3月です。大学へ進学する学生たちが移動しますし、新年度に向けてサラリーマンが異動するからです。この時期は引っ越し業者も大変忙しいので料金も高くなります。引っ越し費用を安くしたいのなら、この時期を避けた方が賢明です。意外と安くなるのが4月です。新年度が始まって人々の異動が終わったあとなので、引っ越し業者が急に暇になります。この時期に複数の業者に見積もりを取ると、値引きサービスをしてくれます。1週間の中でも費用を安くできる曜日があります。それは平日です。多くの人は週末か休日に引っ越しをしますので、平日は業者も暇なのです。費用を抑えるには平日のフリータイムにするのがいちばん安くなります。

近場への移動なら地元業者

引っ越し業者はたくさんあるので、上手な利用法をすると費用を抑えることができます。例えば東京から九州などの遠方へ引っ越すのなら全国展開の大手業者を選んだ方が便利です。大型トラックがあるので大量の荷物でも1回の運搬ですみます。逆に同じ町内とか隣町に引っ越す場合は、地元に密着した小規模の引っ越し業者が適しています。学生などは荷物自体が少ないので、小型の軽トラがあれば運ぶことができます。料金も距離が近いので安くなります。また狭い住宅街なども地元業者の方が路地の奥まで乗り入れることができて便利です。このように目的の場所によって業者を利用すれば、引っ越し費用を節約できます。また少ない荷物の場合は、軽トラをレンタルして自分で運んだ方がいい場合があります。