荷物が少ない引越しは単身赴任者向けのプランを選ぼう

作業員

単身でする引越し

女性

家族を伴わない引越し

会社や仕事によっては国内や海外にいくつもの拠点があって、いつ転勤をしなくてはならないかわからないということもあります。独身なら比較的身軽に引越すこともできますが、家族がいてそれぞれの生活があると急に一緒に引越すことが難しいことがあります。また転勤が頻繁な場合にはなかなか引越しで生活の基盤を築くことができないので、家族を伴うことがなおさら難しくなります。転勤をきっかけに単身赴任をせざるえないということも多くなってきます。例え単身赴任といっても、仕事の都合によるものですから期限が定められているのが一般的です。仕事の引き継ぎや各種の手続きをしていると、引越しの準備の時間はあまりなくなってきます。そこで単身の引越しであっても速やかに対応してくれる業者に任せるようにしましょう。

単身でも業者に任せる

単身赴任のように単身であまり持っていく荷物が少ないと自分でできると思いがちです。しかし単身赴任は引越しが目的でなく、引越しで速やかに暮らしを始めるとともに仕事を引き継ぐ必要があります。そのためには引越し作業にあまり労力を費やしすぎて、そのあとに待ち構えていることに余力が残っていないようになってしまってはいけません。引越しに関してはたとえ荷物が少なくともプロに任せて、速やかに引越しを終えましょう。もちろん引越しの費用を抑えるために曜日や時間を調整したり、多少のできる範囲の荷物の振り分けや梱包といった下準備に取りかかっておいてもいいかもしれません。単身赴任後にどれだけ速やかに動けるかを想定しながら準備をしましょう。

低価格の料金で引越

ダンボール

単身者の引越しが増えていて、さまざまなサポートが必要となっていることから、格安の引越し業者の需要がますます高まっています。格安の引越し業者では、さまざまな企業努力を行うことで低価格の料金を実現させています。

比較して運送業者を探そう

家電

引っ越しサービスで見積もりを比較するのは、大変手間と時間がかかります。その手間を短縮したいなら、一括見積サイトを利用しましょう。これなら複数の業者の見積もりが一度にとれるうえ、全国の引っ越しサービスの相場もわかるので大いにメリットが得られます。

繁忙期を避ければ安上がり

トラック

引っ越し業者には年間を通して忙しい時期があります。新年度を前にサラリーマンや学生の移動が多い2月から3月にかけてです。この時期を外した方が引っ越し費用は安くなります。また1週間の中でも平日のフリータイムで頼むと最も安くなります。業者を選ぶ場合は移動距離によって大手か地元業者を選ぶようにします。